?C?O?_?C?r???O?c?A?[???N???u?A?Y?[??

2017年度版ガイドブック刊行
ガイドブックの一部を見る→
製本版を請求(無料送付)→

?t???[?_?C????????????

 
   
クルーズで駆け巡る新しいパラオ<龍馬T号>
 

2010年10月、パラオの海を縦横無尽に駆け巡るべく、ダイブクルーズ<龍馬T号>が新たに就航しました。
全長33M、幅12Mの空間を贅沢に使った設計で、ダイバーの使い勝手を最大限に考慮したこのダイブクルーズは、今までのパラオダイビングの概念を覆すことでしょう。
デイトリップでは潜り足りない、でも快適なダイビングも楽しみたい、そんな欲張りな大人なダイバーにおすすめのダイブクルーズです。
潜る、食べる、寝る、そしてまた潜る。
ラグジュアリーなクルーズで過ごすダイバーにとって至福の休日が待っています。

   
  龍馬号で行く!クルーズコースのご案内
 

○スタンダードコース
バラクーダやギンガメアジの大群。マンタやナポレオン、サメなどの大物。豪快なドロップオフやケーブなどの地形。サンゴやユニークなマクロ。欲張りなダイバーが求めるものを揃えたパラオの海の魅力を余すことなく満喫できます。
パラオ定番のブルーコーナー、ブルーホールなどを巡る、パラオが初めて人も、リピーターも満足の王道コース。

○ペリリューコース

ロウニンアジの大群やイレズミスエダイ、バラフエダイの産卵などを狙います。ペリリューコーナーやペリリューエクスプレスといった難易度の高いポイントが多いので、中性浮力などしっかりとしたスキルを持ち、自己管理ができるダイバー向け。

○チャネル潜り比べ カヤンゲルコース

ジャーマンチャネル、ウーロンチャネル、ユーカクチャネル、ウラチャネル。パラオでも有数のチャネルを潜り倒します。

さらに、テールトップやブルーホールを狙います。

○ソンソロールコース
パラオから南西へ300km。パラオ南西諸島の北部に位置するソンソロール州。4つの小さな島が集まる中のひとつがソンソロール島になります。
人口は30余名ととても少なく、アクセスは数ヶ月に1回の定期船、もしくはわずかに就航しているクルーズ船のみ。外部の人間はほとんど立ち入ることはない島。
デイドリームスタッフも、何が見れるか分からないと唸るほど情報が少なく、どんな海が待っているのかは、チャレンジした人にしかわからない、冒険の海へ。

 

   
パラオ・龍馬T号のおすすめ
 

その1<ナイトロックス無料>
ナイトロックスタンク利用ご希望のお客様は事前にお申し付けください。
なお、ナイトロックスのライセンスをお持ちでないお客さまは、クルーズ船上での日本語講習も可能です。
*ナイトロックス講習

(PADIエンリッチド・エア・ダイバー・スペシャリティ・コース
US200ドル (申請料、教材費込)*要事前申込み

 



   
パラオ・龍馬T号〜基本情報
 

パラオ・龍馬T号は、トップデッキ、ナビゲーションブリッジデッキ、アッパーデッキ、ボトムデッキの4階建てになっています。
安定性にも優れた広い双胴船の船内スペースを贅沢に使って、居住性の高い作りになっています。

洋上であることを忘れてしまうような時間をお楽しみ頂けます。